akioの日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢の禁煙日記1

20080430002642
さてタバコを吸わなくなって10日。まず気づいたのが、におい。タバコを吸う人は、こんなにタバコ臭いのかという事にまず気付く。つまり今までの自分のタバコ臭さをようやく客観的に知れる。

次に、「味のついた甘いもの」(野菜ジュース・スポーツドリンク)を、絶対に常備しなくては!というストレスがなくなった。というのも、タバコの後味が嫌で、いつもこういったものを常備して、タバコのあとに必ず口に含んでいた。吸わなくなったという事は、水がありゃいい。一番好きなのは水だから。
以上今のところの良かった点。あとそういえば寝起きが良いかも。

今週最も恐れていた飲み会があった(ここでやっと写真の説明)。写真見えにくいけど、初の沖縄料理屋へ行き、あらゆる沖縄料理を食べつくした。沖縄は肉料理が多いんだね。
何故恐れていた飲み会かといえば、飲みの席こそ誰もが禁煙を断念していまう最大の難関だからだ。でも意外と平気だった。自分でも驚いた。GWで飲み会も増えそうな雰囲気。まだまだ試練の日々は続く。

今日は未来さんの録音をお手伝い。ここ最近作った3曲を、近々未来さんに歌って頂きます。お楽しみに。
お土産に賞味期限間近のステラおばさんのクッキーをもらった。ミスド、ケンタッキーくらい、人にお土産でもらうと実は嬉しいのが、このクッキー。賞味期限の明日までに必死で食いきらねば。
スポンサーサイト

激痛連鎖の怪

10年ぶり、横浜に越してきてからは初めて「病院」へ行った。
風邪は栄養ドリンク・熱々のうどん・睡眠でここ10年自力で治してきたけれど、今回はそれでは無理と悟っていた。なんせ寝つけないほど、胸が苦しくなってしまったからだ。この最も熱も出て苦しんだ日に、実は知り合いの看護士と会っていて、「その症状、肺気腫に似てるかもね。入院するならうちにおいで」とすっかり脅しをかけられていたのだ。

翌日朝一で千秋に連絡し、このへんの一番よい病院を教えてもらった(千秋ったらおばさんのようにあれこれ評判や噂を知ってた)。
それはそれは入院覚悟で病院へ行った。体温を計り、レントゲンもとり、出た結果は、「悪い所が見当たらない。いたって健康な肺・体温36度5分」だった。胸の痛みは筋肉痛や筋を違えた(確かにバレーボールやった次の日あたりかも)、または風邪特有の関節や筋肉の痛みかもしれないと言われた。薬出すので2、3日飲んで下さいとそそくさと終了した。熱もないし、なんでこんな健康な人が来ちゃったのかと思われたかな?前日は熱も凄くて、誰が見ても派手さがあったのに。
でもやっぱ病院でもらう薬は効くね~。ここ10年ちゃんと処方してもらった薬を飲んでなかった事もあって、効きすぎちゃってハイになったよ。大丈夫かな。
この一件でタバコをもう吸っておらず、本当に体がやばくなる前に体自体がしっかりサインを出してくれたように感じて、すべてが好転したと思った。

っていうこの話。最近仲の良い同学年の子に話したら、なんとその人、自分が最も胸が痛んで熱が出た日とまったく同じ時に、突然背中に激痛が走り、熱が出て救急センターへ駆け込んだそうなのだ。しかも「特に悪い所が見当たらない」と同じような診断されたようだ。なんか怖くない?ホラー映画みたい。原因不明の突然の激痛。胸と背中。
勝手に名付けた「三十路連鎖病」。誰か今週ならなかった?元凶は私の乳房。

深夜といえども

バレーボールも通い初めて5回目。終了時刻のチャイムが鳴ると、「え~!」と笑っていいとものように、まだそこにいたい衝動にかられるほど、この仲間とバレーボールをやる事が楽しくなってきた。筋肉痛も特になし。ファインプレーも特になし。

今週はそういえばsuga、千秋、敏、そしてハムスタッフ、皆に会ったな。敏と久々に飲んだけど、あいつすぐ寝た。というか先ほどまさにあいつが寝た。まあいつもと変わらないけど。
特筆する事といえば、敏に1曲新曲を、それからもはやお抱え作家とも言うべき未来さんの曲も3曲、提供という形でこれから様々な所で聞いて頂けるんではないでしょうか。

さて、今家に着きました。敏が早々に酒2缶で寝て、自分はその後一人で2杯酒をあおったのですが、いっこうに眠くならないので、今家に帰ってきて作業です。本当は一度くらい誰かより先に酔いつぶれたいのよ。
こんな時間(深夜2時半)にバレーボールで疲れた体の整理体操して、いざシンセの前へ。

ドッペルゲンガー

昨日深夜のスーパーで敏のそっくりさんに遭遇。それがちょっと似てる程度ではなく、見た瞬間自然に「敏~」と声を出してしまったほど。まな・かなくらい似てた。スーパーの警備員で制服を着てて、敏であるはずはないのだけど、制服がどうこうより、制服が目に入らないくらい見た瞬間絶対敏だと思ってしまったのだ。
強いて違う点を言えば、敏がずっとぽか~んと口をあけちゃってるかんじ。世の中にこんなに似てる人がいるのかと思った。つんくと上沼恵美子を本気で見間違えた以来かな。

ところで私の分身そっくりさんは、目撃情報によりますと、この世に少なくとも10人はいるようですので、皆さん宜しくお伝えください。

お蝶夫人

20080407002949
花見したいという気持ちが完全に欠如していた。家から3分と歩けば横浜屈指の花見の名所なのに。花火大会といい、花見といい、スターかくし芸大会といい(子供の頃はテレビの審査員と共に自分も採点して勝手に勝敗を決めてた)、何故感情が動かなくなってしまったのか。誘われないと行かない、まるで年賀状を、来た人に返事を返すだけの受け身人生。まあそんなお年頃なんですかね。

そのかわり、訳あって今家で胡蝶蘭を預かって育ててます。お蝶夫人じゃないよ、胡蝶蘭。3週間ほど経つけれど、いっこうに元気。水を毎日あげたいところ、忘れる時もある。でもぴんぴんというよりか、微動だにせず何もかわらない、おとろえしらずなかんじで、永遠に生きながらえてこのままな気さえする。
このお蝶夫人を家に置いてから、くしゃみの回数が増えた気がする。目がかゆくなったり喉もいがいがしたり。花粉か?花粉でやられた事なんて、今まで一度もないのに。もしや人を弱らせておきながら、自分は長く生きながらえてやろうとする恐るべし植物か(食虫花だっけ?)。
預かりものなので大切にしていますが、このお蝶夫人にやられまいと真剣勝負の対決をしてる思い。はたして花をそんな思いで育ててる人がいるか。

プロフィール

humstar akio

Author:humstar akio

カレンダー

03 | 2008/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。