akioの日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新参加者


ほんとにどうでもよい些細な話なのだけど、俳優の瑛太にはモデルの兄と俳優の弟がいるそうで、二人とも本名の名字を名乗って活動しているそうだ。名字知らされちゃあ『瑛太』にしてた意味ないじゃん、て思う。
些細でしょ。

で、
今回のアルバムの新たな参加者、父と姉です。わが家をサウンドオブミュージックのトラップ一家のごとく(←この表現恥ずかし)、音楽家族たらしめてきた二人。父は若い頃ギターを弾きつつも、クラシック音楽にも傾倒し、家にはかなりの量のレコードがあった。その中から、ストーリーテーリング付きのサンサーンスの『動物の謝肉祭』のレコードを何度も姉と聞いてた。このレコードは聞いてて本当に楽しかった。
で、その姉。わが家では唯一金を払って音楽を習った。姉の弾くピアノを横で聞きながらも、時には連弾の相手をするために、必死で譜面の読み方等を盗みとった。『ドリンクバーをたのむのはグループ内で一人、あとは回し飲み』のおばちゃん精神とでもいうか、月謝を払うのは姉一人、あとの者はそこから演奏技巧を盗む、てきな。
そんな父と姉に、ギターとピアノ参加を依頼。大それた事は頼めませんでしたが、父はある曲で簡単なコード弾きを、姉には曲ではなく、インタールードとしてある場面にピアノで登場してもらいました。
父は40年ぶりの演奏、姉は東京マラソン出場を明日にひかえての無理くり参加。家族にも何かしらこの記念作に参加してもらいたかったからです。
さらっと言ったけど、東京マラソン、大丈夫かな。ゴール間近の時間くらいにちょっくら見てくるかな。
自分の場合ですが、友人とチームで駅伝出た時に、11キロを35分で走ったら、陸上部だった子がほめくれた(姉の東京マラソンのひきあいにださなくてもよい、ただの自慢話ですが)。
姉の場合、42.195キロだとどのくらいの時間かかるんだろ。まったく見当もつかず、下調べもせずふらっと東京行ってきますわ。
スポンサーサイト

健康じじい


馬刺(熊本からお取り寄せ)にシメサバ。お招き頂いたお宅で泡盛とともに頂きやした。そうそう未来ちゃんの兄も一緒に。

喫煙者より、そうでない人のほうがガンの発症率が低いのは当然の話として、その中でも大豆を多く摂取している人は更に発症率が低いとの発表があった。これって誰のこと~。タバコやめて相変わらず大好物の納豆食ってますけど。健康まっしぐら。
最近はカイワレ大根・豆板醤にはまってて、ほぼ毎日食べてる。ちなみに納豆・カイワレ大根・豆板醤をまぜて食べると美味しい。あとヨーグルトはここ数年ほぼ毎日食べてる。これらのものは、別に健康のためなんて思ってなく、大好きで食べたくてしょうがないだけ。しかも安いものばかりだ。


アルバム収録予定の曲がだいぶ固まってきました。流れの上で、ある1曲のみ、ハムである時期歌っていた既存曲を入れようかと思っているほかは、すべて今年に作った新曲で構成する予定です。ハムの皆も何かしらちょいちょい参加してもらう予定なので、なんだか『流れ星』以来のアルバムを作っていく気分。そこに更に他のアーティストも参加してもらうので、ハムファミリーのにぎやかなサウンドトラックを作っている気分。
今作っているのは、4拍子と3拍子を混ぜた曲。先月頃、楽器屋でピアノを触りながら曲を作って歌ってる夢を見て、目が覚めて起きてもしっかりその曲を頭で覚えてたので、そのまま形にしました。絶対寝ながら声だしてたと思う。その曲がたまたま4拍子と3拍子が混ざってた曲だった。何故だか夢の中で、店員が横で必死に指揮棒で指揮ふってたから、しっかり拍子を覚えてる。←何よりこの印象が脳裏にやきついてた。

早くて3月中に全曲の録音・編集ができたら良いなと考えてます。その間、是非納豆にカイワレ大根と豆板醤を入れて食べて待っていてくださいな。

修理が終われば

コンビニの蕎麦に入ってる、麺をほぐすための「ほぐし水」って信頼できないよね。ほんとに純粋な水なのか。「ほぐすために適した何らかの液体」雰囲気が漂ってる。それはさておき、最近太ったのもあるけど、もともと少なくはない握力が更に増してきた。食事中に箸やプラスチックスプーンを割った事件に続き、買い物中にヨーグルトを手にとったら、親指がズッコンふたを貫いてしまった。あの小さいサイズが4連になってるタイプのヨーグルト。ふたは確かにヤワいけど、だからって持っただけで指が入るか?いよいよハルク化してきた。


録音機材の一つが修理中。その間できる作業は音作り。あとはメロディ・歌詞作り。そんな中で形ができていよいよ始動するのが、念願のtooo singin'くん!(oooの数が合ってるか不安)とのコラボ曲。
実は「ヒグラシ」という曲の最初のデモを、約10年ほども前に頼んだ一人が彼でした。それ以来二人でのデモを作ろうとしていたのだけどなかなか形にできず、やっと今回イメージに合う個性的な曲ができました。タイトルは「宇宙旅行」。彼のフィールドのレゲエではないのだけれど、きっとぴったりはまります。修理が終わりしだい録音開始。

今年は自分にとってアニバーサルイヤー。様々なゲストに参加してもらいながら、今回は皆さんがお買い求めできるようなアルバムを作ってます。千秋参加2曲目では歌詞にも参加してもらいます。
今回は携帯電話についてるボイスレコーダーが大活躍。そこに吹き込んだ断片的なメロディのほとんどが、その後一つの曲として形になってる。この機能が携帯についてなかったら大変だった。メロディって復唱しても、何かを見たり聞いたりすると瞬時に忘れちゃうからね。笑っただけで忘れる。

また制作過程を度々報告いたします。



サンドラブロックがアカデミー賞を獲るかもね。対抗馬のメリルストリープはダントツの史上最多ノミネートを誇る大女優。とにかくなんでも出演さえすりゃノミネートされちゃう域。でもサンドラブロックが獲ったら嬉しいね。アラウンド30世代の好感度は抜群だと思う。昔からいろんな出演作品を見てきたけど、誰もが元気をもらえるような爽快な存在感を持った女優さんだと思う。
来月くらいから作品賞候補も続々公開。見たいのは単館系ばかりだから、映画館の穴場・本牧で上映するか心配。あそこ人少なくていい。一時はがらんどうのショッピングモールと、街全体の人の少なさに映画のゾンビを連想したよ(って失礼か)。でもそこが好きなんだけど。

グラミー鑑賞

雪の中でもカイワレ大根を買いに行った。するとエンストをおこしてしまった友人から電話が来て車で駆けつけた。JAF呼ぶと1万五千円もかかるんだって。


グラミー賞を見た。ビヨンセが最多の6部門受賞という報じられかたが多かったけれど、一番最後に発表となる最も栄えある年間最優秀アルバム賞をとったのはテイラースウィフトだった。20歳での史上最年少受賞。失礼な話、決してずば抜けて歌が上手いとか、パフォーミング力があるとかは思わないのだけれど、『キュートな良心』ともいうべき若きピュアな存在感に魅力がある気がする。楽曲面でも受賞やノミネートがあったから、その魅力はアルバム全曲を通してソングライティングにいかんなく発揮されてるようにも思う。買ってしまっていたしね。でも昨年最も売れたアルバムが賞をとったというのはいつものグラミー賞と違ってたと思う。良くも悪くもノミネートを見ても売れた曲が大半だった。

ビヨンセといえば、今回パフォーマンスもした「if I were a boy」という曲の物真似を母親がするというのを、だいぶ前から姉から聞いていた。見なくては。できるのか?いまや母親世代にまでビヨンセが浸透してるのだね。あ、あの女芸人のせいか。

今回嬉しかったのはボンジョビが「livin' on a prayer」を歌った事!ファン投票で何を歌うか決めるという初の試みだったよう。ボンジョビの代名詞的な曲。やはり一番人気なのだね。小学生の時に聞いてた人たちが、いまなお聞けるなんて凄いと思った。椿鬼奴も喜んでることでしょう。
マイコージャクソンのトリビュートはあっけない感じで、マイコー大好きの未来ちゃんも未来兄も、見たら物足りないだろね。もっと時間をかけてやっても良かったと思った。セリーヌディオンとかアッシャーがパフォーマンスしたけれど、1曲のみのしかも知らない曲だったですよ。


ローリンヒルが最優秀アルバム賞を取った年が見てて一番ドキドキした。もう10年ほど前かな。その時のグラミー賞の録画ビデオと、当時一番のお気に入りだった赤のチェックのトランクスが入ったバッグを、新幹線に置いてきてしまった事を毎年この時に思い出す。バッグを探してもらおうと思ったけど、「ビデオとパンツが入ってます」って言えなかった。

プロフィール

humstar akio

Author:humstar akio

カレンダー

01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。